出会いが少ない社会人が恋人を作るためには

出会いが少ない社会人が恋人を作るためには

 

新年度に変わって出会いはありましたか?

新たな暮らし、新しい出会いに期待して社会人としての第一歩を踏み出す人も多いですが、「社会人になった途端、女性との出会いがなくなった…」なんて嘆いている人も多いのがこの季節。

新社会人でなくても、配置転換で別の部署に行くこともありますよね。
社内での出会いを期待していたのに同性ばかりだったり、年齢層が違う同僚社員ばかりだとガッカリですよね、ホント。

気が付くと会社と自宅の往復だけ…なんて生活になってしまいがちです。
そのままズルズルと出会いも無く、職場と自宅の往復するだけの日々はなんとしても避けたい所…。

ハッキリ言いますが、社会人は学生のときと違って自分から行動しないと出会いはやってこないです!

出会いが無いと嘆くあなたに、オススメの出会いの場と異性との出会いの見つけ方をご紹介します。
それぞれのメリットとデメリットがあるので、見比べながら、自分にあった方法を試してくださいね!

知人の紹介や合コンで知り合う

メリット

  1. 知人の紹介なので良い人に出会いやすい
  2. お互いが男女の出会いを想定しているので、恋愛関係に発展しやすい
  3. 友達が増える

知人の紹介なので良い人に出会いやすい

あなたが友達に異性を紹介するとしたら、どんな人を紹介しますか?
男(女)癖の悪い人、ギャンブル癖の酷い人、性格が悪い人…そんな人は選びませんよね。
「自信をもってオススメできる相手」を選ぶのが普通だと思います。

多くの人が「自分のイチオシ」を紹介してくれるため、良い人と出会いやすいのが合コンや紹介での出会いです。
特に信頼できる相手に紹介された異性は、良い出会いとなる確率が高くなります。

お互いが男女の出会いを想定しているので、恋愛関係に発展しやすい

合コンと紹介のどちらも「相性が良ければ男女の仲になる」ことを想定した出会いです。
単に職場などで知り合った関係ではなく、恋愛を意識した出会いでは相手の魅力を探そうとします。

そのため些細なきっかけで相手に好意を抱くことが多くなり、男女関係に発展しやすくなります。
元々恋愛を想定した出会いなので、ガツガツと行っても違和感がないのも良いですね。

友達が増える

どんなに良い人と知り合えても相性というものがありますので、恋愛関係にならないことも珍しくはありません。
しかし知人の知人という関係である以上、恋人にならないのであればそれは「友達」です。

合コンや紹介で上手く行かなくても友達を増やすきっかけになると思えば無駄にはなりませんね。
新たにできた友達からまた異性を紹介してもらうなんてチャンスもあるかもしれません。
好みじゃないな…なんて感じても、人との出会いは大切にしましょう。

デメリット

  1. 人脈のある友人や知人を見つける必要がある
  2. 初対面の人と盛り上がれる対人スキルが必要
  3. 同姓間の仲が悪化することがある

人脈のある友人や知人を見つける必要がある

もし友人から「異性(友達)を紹介して欲しい」「合コンをセッティングして欲しい」とお願いされて、すぐに相手を用意できますか?
Facebookの知り合いは多いけど、普段から連絡を取っている友達は多くないというのは普通です。

合コンや紹介で恋人を探そうとするなら、人を紹介できるような人脈の広い知人と知り合わなくてはならないんです。
そうではない人に紹介して欲しい!合コンやって!とせっつくと迷惑な人だと思われてしまいますよ。

初対面の人と盛り上がれる対人スキルが必要

婚活パーティーやお見合いなどではセッティングをしてくれる人がいるので、ある程度他人任せでも話が進みます。

しかし合コンや紹介では1人1人が主体となって場を盛り上げなくてはならないですよね。
合コンで「お客さん状態」の人は好まれないんです。
どうしても初対面の人と話すのが苦手な人には、合コンや紹介で出会うのは向いていないですね。

同姓間の仲が悪化することがある

合コンが原因で友達関係が悪化したというのはよく聞く話。
お目当ての相手が被ったときだけではなく、陰で誰かを「引き立て役扱い」する人がいた場合にも関係に亀裂が生じてしまいますね。

紹介でも「問題があって別れた元カレ」「周りから問題視されている迷惑な人」をあえて紹介するような人もまれにいます。
このようなトラブルは女性の中で起きがちです。
合コン、紹介を頼むのなら信頼できる相手にお願いしてくださいね。

習い事で知り合う

習い事で知り合う

メリット

  1. 同じ目標を持った仲間なので仲が深まりやすい
  2. 自然な出会いを演出しやすい
  3. 出会いが上手く行かなくても技術が身に付く

同じ目標を持った仲間なので仲が深まりやすい

習い事は必ず何か目標を持って通うものですよね。
やはり「同じ志」を持っている仲間というのは、仲が深まりやすいモノ。

お互いの上達ぶりや成果を誉めあったり、高めあいながら仲を深めて行き、最終的に恋愛関係になれるのは自然な流れです。

自然な出会いを演出しやすい

「習得したい技術があったので習い事を始めた。そこで気になる人を見つけて、仲良くなった。」
とても自然な出会いですね。

ナンパや合コンなどある意味「無理やりな出会い」に違和感を覚える人にとっては、とても良い出会いの場となってくれるはず。

出会いが上手く行かなくても技術が身に付く

習い事の目的は出会いではありません。
たとえ出会いが上手くいかなかったとしても、その場で身につけることができる技術などを習得できます。

スキルアップになることは当然として、それが後々に出会いのきっかけになるなんてこともあるはずです。
習い事は無駄にならないのが良いですね。

デメリット

  1. 男女共通、複数人での習い事はそんなに多くない
  2. 出会い目的だと場に馴染めないことも

男女共通、大人数での習い事はそんなに多くない

習い事で出会うためには「男性共通」「複数人一緒に習う」この2つの条件を満たしている必要がありますが、そのような習い事はあまり多くありません。

テニス、ゴルフなどスポーツ系だと出会いのチャンスがありますが、ピアノや料理などではあまりチャンスが見込めず、スポーツが苦手な人にとってはハードルが高くなってしまいます。

出会い目的だと場に馴染めないことも

基本的に習い事をしている人はみんな真剣です。
「習うついでに出会いもあれば」程度なら問題ないですが、完全に出会い目的だとその場に馴染めない可能性が高いです。

真剣味が足りない人に惹かれる人もあまりいませんので、習い事自体に興味が持てないのであればやめておく方がいいですね。

社会人サークル(スポーツなど)で知り合う

メリット

  1. 気軽に始められる
  2. 出会い目的の人も多い

気軽に始められる

習い事ほど真剣に取り組む人も少なく(セミプロのような集団もあるので見極めが必要です)、多額な費用がかかるわけでもありません。
また、毎回必ず参加しなくてはならないということもないので、気軽な気持ちで始めることができますね。

新しいことを始めてみたいけど、ダメならサッと止められる簡単なことがいいなーと思うなら、社会人サークルがオススメです。
飲み会やバーベキューなどの交流がメインのサークルもあります。

出会い目的の人も多い

習い事と比較したときの大きな違いは「出会い目的の人が多い」ということです。
ある程度積極的に異性に話しかけても浮いてしまうことはありません。

しかし当然「出会い目的お断り!」なんてサークルもあるので、一度見学や体験参加をして雰囲気を見極めると良いですね。

デメリット

  1. 同じ会社の人がいて異性とコミュニケーションを取りにくいことも
  2. 同じメンバーばかりで新しい出会いがないことも

同じ会社の人がいて異性とコミュニケーションを取りにくいことも

社会人サークルには、会社単位や提携会社単位などで形成しているものも珍しくありません。
また、会社の近くで活動しているサークルであれば、知人が多く所属していることもあるんですよね。

そうなると同僚や知人の目が気になり、ガツガツ出会いを求めにくくなります。
普段の活動範囲から離れた場所でのサークル活動がオススメですよ。

同じメンバーばかりで新しい出会いがないことも

サークルによってはどんどん新しいメンバーが入ってくる賑やかなものもありますが、ほとんど人の入れ替わりがなく細々と活動を続けているサークルもあります。

そのようなサークルでは良い人が見つからないと感じても、新しい出会いがあるわけでもなく、何のために参加しているのかわからなくなってしまうこともあります。
「ここでの良い出会いは見込めないな」と感じたら別のサークルに移るのも1つの方法です。

facebookやTwitterなどのSNSで知り合う

facebookやTwitterなどのSNSで知り合う

メリット

  1. コミュニティなどに参加して共通の話題から仲が深まる
  2. 昔の知り合いと連絡が取れるので、思わぬ出会いが期待できる

コミュニティなどに参加して共通の話題から仲が深まる

多くのSNSでは趣味や居住地など、共通項目がある人が集まるコミュニティページがあります。
積極的に書き込みをすることで、共通の話題から仲良くなれることも考えられます。

コミュニティ上で仲良くなったら友達申請をしてお互いの書き込みを行き来し、さらに仲良くなれたら直接連絡を取るという流れが理想的ですね。

昔の知り合いと連絡が取れるので、思わぬ出会いが期待できる

同窓会で昔の知人に会ったらすごく素敵になっていた!なんてことありますよね。
ただ同窓会が開催されない、開催されても遠方だったり仕事が忙しくてなかなか参加できない人もいると思います。

そんなときにSNSで昔の知り合いと繋がりを持つことで、出会いのチャンスが広がります。
友達の友達をチェックして、知り合いを見つけて声をかけてみても良いですね。

デメリット

  1. リアルの知り合いが多いので出会いに積極的になりにくい
  2. トラブルに巻き込まれることも

リアルの知り合いが多いので出会いに積極的になりにくい

Facebookなど登録している人が多いSNSでは、どうしても友達がリアルな知り合いばかりになります。
そうなると積極的に出会い探しはしにくいと考える人もいるようですね。

特に出会い目的のコミュニティへの参加は知り合いに見られたくないと感じる人が多いと思います。

トラブルに巻き込まれることも

LINEやTwitterなどでは出会い探しを装った悪徳業者と出会ってしまうことがあります。
最近有名なのは「タイムライン見てね」などと書いた可愛い女性からLINEの友達登録が来るケースです。

無視してしまえば良いのですが、下手に連絡を取ってしまうと架空請求をする悪徳サイトに登録させられてしまうことがあるので注意が必要です。

出会い系サイトを利用する

メリット

  1. 手軽にいつでも相手を探せる
  2. 希望に合った人を検索で絞り込める
  3. 出会いに積極的な人が多い

手軽にいつでも相手を探せる

合コンや紹介、サークル活動のように出向く必要がないので、いつでもどこでも相手を探すことができます。

パソコンやスマホなど、通信機器さえあれば空いた時間に掲示板をのぞいたり、メールをしたりと気軽に出会いを探せます。
初対面の人といきなり話すのが苦手な人にとっては、メールから交流を開始できるのも良いですね。

希望に合った人を検索で絞り込める

近くに住んでいる人がいい、年上がいい、ぽっちゃりした人が好き…色々と相手に求める条件ってありますよね。
でも実際の出会いで希望通りの相手に会えることはなかなかありません。

その点、出会い系サイトを使うと登録者の中から希望する条件に合う相手を探せるので、理想の相手に出会いやすくなります。

出会いに積極的な人が多い

習い事やサークル、SNSでは出会いを目的にしている人ばかりではありません。
こちらが恋愛関係になりたいと思っても、相手に恋愛をする気がなければ話にならないですよね。

出会い系に登録しているということは「恋愛したいと思っている」ということです。
普通に出会うよりも積極的な人が多いため、仲が進展しやすいです。

デメリット

  1. 男性はお金がかかる
  2. サイトによってはサクラがいたり、不正請求があることも

男性はお金がかかる

女性は完全無料ですが、男性はサイトの利用にお金がかかってしまいます。
たまに男性も無料のサイトがありますが、サクラばかりで出会えないのでオススメできません。

有料と言ってもまれに配られる無料ポイントや、1日1回無料の掲示板書き込みを上手に使うことで、合コンや婚活パーティーよりも安く済ませることができることもあります。

サイトによってはサクラがいたり、不正請求があることも

出会い系を使うにはサイト選びが大切であり、サイトによってはサクラしかいなかったり、不正請求をされてしまうこともあります。

このような悪質なサイトを避けるためには、前述のように男性も完全無料のサイトを避けることと、登録に身分証明書が必要なサイトを選びましょう。
出会い系サイトの利用には年齢確認が必須であり、これは法律で定められていることです。
法律を守らないサイトは、法律に縛られない悪質な運営をしている証拠なので関わらないようにしましょう。

サクラや不正請求が無い、優良出会い系サイトに関してはこちらを参考にして下さい。
優良出会い系サイト一覧

婚活パーティーを利用する

婚活パーティーを利用する

メリット

  1. 短時間で多くの異性と知り合える
  2. 運営会社がセッティングしてくれる
  3. コミュニケーション能力が高まる

短時間で多くの異性と知り合える

多くの婚活パーティーで男女共に20人ずつなど、多くの参加者を募集しています。
大手婚活パーティー会社の開催であれば、ほとんどの場合満席となるため短時間に20名近くの異性と知り合えます。

一人一人と話せる時間は短いですが人柄やプロフィールを知ることはできますし、これほど多くの異性と知り合える機会は他にはあまりありません。

運営会社がセッティングしてくれる

合コンや紹介などでまず何をしていいのかわからない、どんな段取りにすれば良いのかと困る…なんて人には婚活パーティーがオススメです。
婚活パーティーでは運営会社が司会を用意してくれるので、案内に沿って動くだけで良いからです。

異性との会話のタイミングや気になる相手の指名、そして連絡先の交換まで運営任せでOKです。
特に連絡先の交換のタイミングをはかるのが苦手な方には良いですね。

コミュニケーション能力が高まる

段取りは運営が行ってくれると言っても、実際に異性と会話するのは自分です。
多くの婚活パーティーで採用されている「お見合い回転寿司」と呼ばれる交流タイムでは、1人1分で自己紹介を含め相手のことを知らなくてはなりません。

最初は上手く行かないかもしれませんが、回数を重ねるうちに短時間で初対面の相手とコミュニケーションを取る能力が高まります。
このスキルは婚活パーティー以外でもとても役立つものです。

デメリット

  1. 結婚を前提の女性が多く気軽に付き合いにくい
  2. 男性はお金がかかる

結婚を前提の女性が多く気軽に付き合いにくい

男性は「ちょっと暇だったから」「友達と遊び感覚で」なんて気軽な気持ちで参加する人もいますが、女性は真剣な人がほとんどです。

「婚活」と言っているくらいなので結婚を前提に考えている女性が多く、結婚へのプレッシャーを重たいと感じてしまう男性もいるかもしれません。

男性はお金がかかる

婚活パーティーの参加費用は男性側が多く負担するのが一般的です。
男性 5,000円、女性 1,000円くらいが多いようです。

結婚相談所に比べれば安いものですが、飲み会に行くよりも高くつくので、頻繁には参加できないと感じる男性も多いでしょう。
ホームページから予約すると割引になるサイトもあるので、チェックしてみると良いですね。

出会いが少ない社会人が恋人を作る方法まとめ

社会人になると異性との出会いのチャンスはどんどん減ってしまいます。
素敵な相手と出会いたいなら自分から出会いのチャンスを作る必要があるんです。

どんな出会いの場にもメリットとデメリットがあり「出会いの正解」なんてものはありません。
メリット・デメリットからそれぞれの出会いの場の特徴を見極めて、自分に一番合うと感じる方法を試してみてくださいね。

出会いのチャンスは多ければ多いほど良い人に巡り会える可能性が高くなるので、いくつか試してみるのが良いですよ。