初対面で好印象な服装や会話テクニックを女性視点で解説!

【女性が解説】初対面で好印象な服装や会話のテクニック

 

初対面の女性に良い印象を与える方法が知りたい!

  • 「会った瞬間に嫌な顔をされた…」
  • 「会話が弾まなくて、途中から女性が露骨に帰りたそう」
  • 「やっと会えたのにその日から連絡が途絶えた…」

こんな反応を初対面の女性にされたことがある方は多いはず。

出会い系でも友人の紹介でも、初対面の女性にはいい印象を持たれたいもの。

今回は女性である私が実体験も交えつつ、女性が「また会いたい」と思う男性の服装と会話術を紹介します。

第一印象の重要性

まず前提にあるのが「第一印象の重要性」
第一印象は先入観として相手に根付くので、悪い先入観を与えると何をしても悪くとられます。

知人の女性の体験談。

「合コンで近くの席にいた男性Aさん。
頭には少しフケみたいなものが見え、服は皺だらけのTシャツにジーパンでした。側にいると独特の臭いがしていて、とても清潔感がある見た目ではなく第一印象は「不潔」です。他の参加していた女性達も同じで、Aさんを気付かれない程度に避けている様子。その後Aさんが他の男性から助言を受けて身だしなみを整えましたが、合コン時の印象が強くて
どうしても受け入れられませんでした。

パッと見は変わってもだらしない根本的な部分は変わらないし、とても付き合いたいとは思わないです。」

極端な一例かもしれませんが、初対面での印象が決まると、見た目以外の生活部分も「だらしない人」と決められてしまいます。

とても大事な第一印象、実は会って10秒で決まると言われています。

  • 外見(服装・表情等)が55%
  • 態度、話し方が38%
  • 話の内容7%

第一印象の半分以上は外見です。

第一印象を左右する外見の中で、比較的簡単に変える事ができるのが「服装」。
髪型やヒゲなどもすぐ変えられます。
体臭や口臭にも気をつけた方がいいですね。

女性は男性以上に匂いに敏感なので、一緒に居たくないと思われないように気をつけましょう。

服装が与える印象

女性と実際に会うための誘い方

男性が思っている以上に女性は服装を見ています。
女性は男性の服装を見て男性について推測するため、服装を疎かにすると、女性からの好感度は下がります

女性がチェックする男性の服装のポイントと、推測する事柄をまとめました。

センス
女性は男性以上に他人の服装に敏感です。服装の趣味が悪いと嫌われます。
センスがあるかないかは「一緒に歩きたい男性かどうか」にも直結します。
女性は他人にどう見られているかを気にする人が多いからですね。
性格
服装の着こなしによって、相手の男性が大雑把な人か真面目な人かも読み取ります。
例えば、ブランド物が好きな男性なら遊んでそう、パーカーやワイシャツなど着飾らないタイプの男性ならラフな性格、真面目そうなどですね。
暮らし
性格が読み取れると家の中の状況も想像できます。家に行きたいかどうかを決める要因になります。
上着は普通だけど中のシャツはヨレヨレ、アイロンを当ててもいない皺だらけのシャツ。生活ぶりが想像できてしまいます。
着ている服や物からは、お財布事情が分かります。

服装からなんとなく推察できる要素は多いです。
オシャレな男性がモテやすいのは、女性に服装からいい印象を与えると同時に、性格や生活ぶりを推察して見えない部分での印象も良いから

合コンで好印象な男性と、悪印象な男性を例に、さらに詳しく見てみましょう。

好印象な服装の男性

「男性Bさんは、顔は普通で体格も中肉中背、服装は白のシャツに紺のカーディガン、黒のパンツという組み合わせ。
つけているアクセサリーは控えめなネックレスのみ。女性からの評価は総じて好印象でした。「気負っている感じがないのが良い」「真面目そう」「爽やか」といった感想。
そして真面目な印象から自然とその場のまとめ役を任されました。結果、その場にいた男性の中で彼が一番女性から連絡先を聞かれていました。」

悪印象な服装の男性

「男性Cさんは、顔は割とイケメンで高身長とよかったので一見モテそうですが、服装は派手で持っている物もブランド物ばかり。
香水や制汗剤等の混じっている匂いも鼻に残る感じで、他の女性からの印象は悪かったです。「女癖が悪そう」「ナルシスト」「清潔感がない、家も臭そう」「ブランド物ばかりで鼻につく」とのこと。

Cさんは女性の連絡先を聞いて回っていましたが、後日連絡を返した人はいなかったそう。つまり、Cさんは第一印象で信頼するに値しない男性と思われたのです。」

ブランド物や体臭に気を使うのが悪い訳では無いですが、Cさんのような男性は一般的な女性の目には印象が悪いです。
推察される内容も良くないので、相手と場所を選ぶ事も必要です。

女性に受け入れられる服装とは?

女性に良い印象を与える服装と、悪い印象を与える服装を挙げていきます。

良い印象を与える服装

清潔感
女性と会う際に清潔感のある服装は絶対に外せません。
当日は全身をくまなく確認して、埃やゴミはついていないか、ほつれは無いかなど、全身の身だしなみをチェックしましょう。見落としがちですが靴は意外と目につくものなので、汚れはないかチェックしておきましょう。
清潔感は服装のセンス以前の問題なので、できれば普段から意識しておいた方がいいですよ。
シンプル
個性が無いという人もいそうですが、シンプルな服装は特に初対面では無難。間違いがありません。
極端な話、無地のシャツにズボンで十分です。
ポイントは服を綺麗に自然に着こなせているかどうか。さらに、鞄やネックレス、財布、時計等の小物を少しオシャレな物にすると尚良いですね。
その際は、服装に合う派手すぎないものを選んで小物だけ浮かないように気を付けましょう。

悪い印象を与える服装

汚く見える
不潔な男性を良しとする女性はいないので、不快感を与えるような汚い服装はタブーです。

汚く見える男性と一緒に街を歩くのは女性にとってかなりの苦痛となります。
例えば穴が開いている、染みがあるような服は絶対に避けてください。

同様にフケ・口臭・体臭についても不快感を与える要素になるので気をつけてくださいね。

派手すぎる
どんなにお気に入りのブランドやデザインの服であっても、派手な服装は万人受けしません。
派手な服は偏った趣味の男性と見られる事も少なくないので、余計な先入観を与えないような服装にしましょう。また、匂いに敏感な女性も多いので香水や制汗剤はつけすぎないよう、ほのかに香る程度が良いですね。

上記の良い例、悪い例のポイントを押さえて、当日に着る服装を事前に一度着ておきましょう。

この時、出会い系サイトに載せる画像もついでに撮影しておくと手間も省けてオススメです。
女性に好印象な画像は、新たな出会いを運んできてくれる可能性をグッと上げてくれますよ。

無難な服が無いという男性で会社勤めの方は、スーツ姿でも印象は良いので活用してもいいですね。

会話が与える印象

女性と実際に会うための誘い方

見た目の次に大事なのが、会話の印象。

あなたともっと話したいか、さらに次回また会いたいかどうかが決まります。
女性が一緒にいて「楽しい!」と思うような会話のポイントをチェックしてみましょう。

女性に良い印象を与える会話のポイントは下記の3点です。

良い印象を与える会話

共感
男女問わずですが、自分に共感してもらえると、自分の意見を受け入れてもらえた気分になります。

特に女性は具体的な解決策や意見などよりも、同じ価値観を共有したがります。
将来を左右するような重い話題でも無いのなら、共感する方が印象は良いですね。

女性の話を引き出す
女性は基本的におしゃべり好きなので、聞き上手は好印象を与える近道です。
女性の話をしっかり聞いているように見せるためのコツは、相手の目を見る事。
目を合わせる事で意思疎通出来ていると感じます。そして「うんうん」や「それで」「なるほどね」等、複数の頷きを交えて返事をしましょう。
複数の頷きをする事で相手はきちんと聞いてくれていると感じます。
自分から話題を出す
ずっと女性に話をさせているだけではつまらないと思われる事もありますよね。
女性の話が一区切りついた際には、自分から話題を出しましょう。
相手も話にのれそうなものが良いですね。ただ無理に女性の興味がありそうな話題を考える必要も無く、女性の好きな場所や食べ物、映画や興味のある事などを聞いてみた内容から話を広げると自然に話題となりますよ。

女性に悪い印象を与えてしまう会話のポイントは下記の3点です。

悪い印象を与える会話

自分の話ばかりをする
どれだけ楽しい話題であっても、自分の話ばかりをする男性は独りよがりに見られます。

普段は何をしているのかちょっと不明なところもある男性の方が、女性も「もっと知りたい」と思う傾向があります。
そういった意味でも、自分の事を何もかも簡単にしゃべってしまわない方がいいですね。

他の女性の話はNG
いくらまだ付き合っていない関係とはいえ、一緒にいる時に他の女性の話はNGです。
女性が服装から色々と推測するのと同じく、他の女性との関係を勘ぐってしまうからですね。他の女性の話ばかりしてしまうと「自分より気になる相手がいる」と思われてしまいます。
一緒にいる間は相手の女性だけを見てあげてくださいね。
否定的
相手の意見をできるだけ否定しないようにしましょう。
お互いによく知っている仲ならば良いですが、初対面で否定されると拒否されたような感情になります。男性はいいアドバイスをしているつもりでも、女性としては「ただ話や悩みを聞いて欲しいだけ」という事も多いのです。
間違っていると感じた場合でも、あくまで「それもいいけど、これもいいよ」というスタンスが無難ですね。

以上の良い会話、悪い会話のポイントを押さえて会話してみましょう。

見た目が好みでなかったとしても、服装や会話次第で付き合えるというエピソードがあります。

「男性Dさんを友達から紹介されて会いましたが、背が低く、正直顔は私の好みではありませんでした。しかし、聞き上手で話をしていても楽しく、話題も豊富だったので一日中会話が楽しめました。

思い返してみればDさんと会おうと思ったきっかけも、会う前にやり取りしていたメールでの会話。
他の人と比べてメールをしていて楽しかったと感じたから会う気持ちにもなりました。実際に会ってすごく楽しい時間を過ごせましたし、Dさんからはその日に告白されました。

悩みましたが、印象も特に悪くなかった(服装など)ので、もっと一緒にいたいと思い、後日に付き合う返事をしました。」

服装や会話が女性に合ったものであれば大抵の女性は好意的ですし、付き合おうという気にもなります。

しかし会話を盛り上げようとしすぎると自分の話に偏ってしまうので、女性から話を引き出してあげましょう。

まとめ

第一印象を与える初対面の時が、一番の正念場。

「また会いたい」と思わせられるか、「もう会いたくない」と思われるかは服装と会話次第です。

モテる男性はここが違います!
→モテない男性はモテる男性との違いとは?