更新日:

出会い系でやりとりが続かない男性必見!返信率をアップさせるメール術

女性とのやり取りを継続させる7つのメール術

 

「2,3通以降のやり取りが全然続かない…」
「既読スルーでやり取りが終わってしまう…」

出会い系で知り合った女性から一通、二通目までは返信が返ってきても、その先メールが続かず「相手が悪いんだな」と考えてしまう事ありませんか?

もしどんな女性ともやり取りが途絶えてしまうならあなた自身のメールのやり取りに問題がある可能性が高いです。

女性が返信しなくなる心理と、返信率アップのメール術を女性の視点からお伝えします。

女性とのやり取りを継続させる7つのメール術

女性とのやり取りを継続させる7つのメール術

 
まず初めに「女性は多くの男性から返信をもらっている」ということを覚えておいてください。

多くの男性から返信をもらっている女性は、色々な男性とやりとりしていくうちに自分の好みの男性を見つけ出していきます。

初めはあなたのことを「いいな」と思っていても、他にもっと自分と話が合うと感じたり、話題のはずむ男性がいれば目移りしてしまうのは女性によくあること^^;

最初は盛り上がっていたのに、途中から全然返信がこない…と、悩む男性は多いかもしれませんが、それは女性が他の男性に目移りしてしまったことが考えられます。

このようなパターンが続くと「目移りしてしまう相手が悪いんだ!」と思うかもしれませんが、原因はあなたのメールにある事も多いんです。

女性とのメールのやり取りを続けるには、他の男性よりも自分をうまくアピールすることが必要不可欠!

自分のやりとりと見比べて、至っていないところがあれば取り入れてくださいね。

  1. タメ口は使わない
  2. 相手を褒める
  3. 相手との共通点を探す
  4. 適度に疑問文を入れる
  5. メールの長さや頻度は相手に合わせる
  6. 返信がこなくても、せかさない
  7. 下ネタは厳禁

詳しく説明していきます。

タメ口は使わない

まずメールの文体は、丁寧語を使うようにしてください。

ラフな文章の女性でも、いきなりタメ口を使うのは絶対NGですよ。

メールがタメ口だと馴れ馴れしい印象を与え、「軽い男性なのかな?」とか「この人遊び慣れてそう…」というマイナスのイメージを持たれてしまいます。

メールが盛り上がってきても、タメ口ではなく出来るだけ丁寧語でやりとりするように心がけてくださいね。

ただし、固すぎる文章も相手に違和感を抱かせてしまうので、丁寧語を基本にして、少しタメ口を織り交ぜるのがいいですね。

語尾には「です」「ます」をつけるなど、適度にきちんとした丁寧語を使うことで、礼儀正しい人なんだな、と女性に安心感を持たせることができますよ。

相手を褒める

返信率アップメール術2

 

自分のことを褒められて嬉しくない女性はいません。

褒め上手な男性になることができれば、女性からのメールの返信率は格段にアップします。

しかし、褒め方にもポイントがあるので注意しましょう。

プロフィール写真が可愛い女性は、「かわいいね」とか「綺麗ですね!」とかメッセージで言われ慣れているので、写真を褒められたところで大して嬉しくありません。

可愛い女性を褒めるには、メールの内容からわかる性格などの中身を褒めることで、他の男性を差をつけることができます。

女性が何か頑張っていることがあったりしたら、そのことについて「頑張っていてすごいですね!」などと褒めてあげるのもいいと思います。

見た目だけでなく、他の男性が気づきにくい女性の内面を褒めることが出来るようになれば、他の男性と差がつけられ、女性からモテるようになりますよ!

相手との共通点を探す

相手との距離を縮めるためには、共通の話題を見つけることが大切です。

プロフィールから出身地や趣味、職業などで共通点は見つけられると思います。

年齢が近いとかお互い学生だったり社会人だったりと、どんな相手でも探せば必ず何か共通点はあるものです。

相手に興味を持ち、何が好きか、どのようなことに興味を持っているのかを聞き出してみましょう。

相手の話を聞き出すことで「あなたに興味があります」という好意があるアピールにもなり、自分に好意を持ってくれる男性として相手はあなたに好感を持つようになります。

このようなことが自然に出来る「聞き上手」は、モテる男性に共通していることです。

でも共通点を見つけたからと、自分だけがその会話で盛り上がったりしないようにしてくださいね!

自分だけ盛り上がってしまうと、女性側はしらけてしまいます。

共通点はあるのにメールのやりとりが続かないことの原因に、「自分中心な会話が多い」ということはとても多いです。

この人とメールしてても楽しくない、つまらない、と思われてしまっているんです。

自分中心にならないように、あくまでも女性側を中心にやり取りをするようにしましょう。

適度に疑問文を入れる

返信率アップメール術4

 

女性からのメールの返信率をアップさせるためのテクニックとして「メールに適度に疑問文を入れる」ことは、とても重要なポイントです。

  • 「●●は好きですか?」
  • 「●●を知っていますか?」

など、「はい」「いいえ」で答えられる質問を、「クローズド・クエスチョン」と言います。

このクローズド・クエスチョンは回答者に負担を与えない質問なんです。

そのため、初対面やまだ知り合って間もない人とのやり取りで使うときに有効。

逆に「●●って、どう思う?」とか、「●●なのはどうして?」など、相手の考えや気持ちを回答させる疑問を「オープン・クエスチョン」と言います。

オープン・クエスチョンは相手に多くのことを回答させるため、知り合って少したってから、もしくは仲良くなってから使うと良い質問です。

一つのメールに疑問文を一つ入れてみて、クローズド・クエスチョンとオープン・クエスチョンをうまく組み合わせてやりとり出来れば、より効果的ですよ。

疑問文があれば、返信をしなければいけない状況を作り出し、さらに自分の話もしたい女性心理を刺激することもできるんです。

文末に相手の答えやすいような質問を入れてメールをすれば、女性からの返信率は格段にアップします!

ただし疑問文は適度に使ってくださいね。

一つのメールにたくさん質問を入れたり質問攻めメールを送ると、この人めんどくさい人だな…と思われてしまいますから^^;

疑問文は自然な流れで入れるようにしてみましょう。

メールの長さと頻度は相手に合わせる

メールが長文の男性や、頻繁にメールのやりとりをする男性は多いです。

自分で気づいていない場合も多いのですが、メールの長さや頻度は相手に合わせるようにしてみてください。

長文メールは読むのに負担がかかり、相手を疲れさせます。
また、相手に対するアプローチが強すぎます。

メールの文章が長いのは女性が引いてしまう原因なんです。

メールの長さは相手の文章の長さと同じくらいになるように心がけてください。

相手を目安として考えれば、長文メールで返信がこなくなることは避けられますから。

そしてメールの頻度も相手にあわせるようにしてください。

相手の都合の良さそうな時間に、同じくらいの感覚でメールするようにするんです。

メールは自分の好きな時に見られるから、いつ送ってもいいと思っている男性も多いかもしれません。

でも夜遅い時間や朝早い時間、忙しい時に送るメールは、タイミングの悪いメールに。

タイミングの悪いメールは見ても放置されたり、そのままめんどくさくなってフェードアウトしたりと、返信がこなくなる原因に繋がります。

逆に自分がゆっくりしているとき、リラックスしているときに届くメールには、すぐに返信したくなるもの。

時間に配慮したメールが送れれば、「この人なんかタイミングいいな」と思って男性が好感を持つようになりますよ。

送る時間はリラックスしている夜ごはん以降の時間帯がオススメですね。

相手の生活リズムにあわせたメールを心掛ければ、メールの返信率がよりアップすることは間違い無しです!

返信が来なくても、せかさない

返信率アップメール術6

 

返信がこないからと、連続してメールを送ったり返事を催促したりしていませんか?

返事をしていないのにまた連絡がくると、「返事をせかされている」、「忙しいのに、めんどくさい」と、女性は返信をしづらくなってしまうんです。

「返信して」と催促するのも、返信がこなくなる原因。

もしも返信がこないけどメールを送りたくなったら、3日は開けてください。

「なんで返信くれないの?」などと聞くメールは、相手が気まずくなるだけなのでしないようにしてください。

どうしても頻繁にやりとりをしたいなら複数の女性とメールすればいいですよ。

裏でしれっと、こういう事ができるのも出会い系のいいところですね。

下ネタは厳禁

知り合って間もない男性から下ネタを振られて嬉しい女性はいません。

お互いに盛り上がっている中でのちょっとした下ネタならいいですが、そうでない場合は「品のない人だな」とか「軽い人なんだな」などの悪い印象しか与えません。

いきなり「どんなエッチが好き?」とか「バナナくわえてみて!」とか下ネタを送ったら、普通の女性なら返信がこなくなるのは当然ですよ。

豊富な女性経験をアピールしたくて下ネタを使う男性は多いですが、経験豊富な男性はもっと落ち着いてますからね!(笑)

まとめ

女性からの返信率をアップさせたい!と思ったら、まずは今までのやり方と違った方法を試してみることが大切ですよ。

最初はうまくできなくても、徐々にメールの返信率が上がるのが実感できるようになってきます。

自分に興味を持ってもらえるようなメールを送ることができれば、やりとりも盛り上がってあなたと実際に会ってみたいと思うようになるはずです。

数打てば当たる!という気持ちでメールをするのではなく、気持ちをこめた内容のメールを送るように心がけてくださいね!

ライントークの場合は、こちらにより詳しく書いています。
→【やりとりが続かない男性必見】モテる男のLINEトークテクニック!