出会い系で女性に会いたいと思わせるメール・会話テクニック

ハートのクッションを持つ女性

出会い系サイトに登録してみたけど、全然うまくいかないという方。
このような経験をしていませんか?

  • いろんな女性にメールしても、全然返事が返ってこない
  • やり取りの途中でフェードアウトしてしまう
  • 実際に会うところまで発展しない

出会い系サイトで実際に出会うためには、女性の心理を突く会話テクニックが必要。

メールの文章を少し修正するだけで、出会いに繋がる事が多いんです。

今回は出会い系サイトで男性と出会った経験のある私が、女性に会いたいと思わせる会話のテクニックを解説します。

女性に会いたいと思わせるメールを作ろう

恋人繋ぎで手を繋ぐカップル

私が100名以上の男性とメールのやりとりをした中で、実際に会ったのはたった10数名。
全体の約10パーセントにすぎません。

会いたいかどうかの判断の決め手は、見た目よりも会話の内容でした。

「この男性と会ってみたい」と思えるやり取りには、一定のパターンがあります。

女性に会いたいと思わせることのできる、会話テクニックを身につけましょう!

出会い系は初メールが大事

真面目そうな好青年と、いかにも遊んでそうなチャラ男がいたとします。
同じ女性に声を掛けたら、大概の女性は真面目そうな好青年の誘いに乗るでしょう。

リアルでもネット上でも、出会いにおいて第一印象は大切です。

出会い系での第一印象に当たるのが、初めて送るファーストメール。

女性は男性が思っている以上に、沢山のメールをもらいます。
出会い系サイトに登録したばかりの時は、1日数十通のメールが来ることも珍しくありません。

大量に来るメール全てに返信をする、マメな女性は殆どいません。

女性の目を惹き、あなたに興味を持ってもらえるメールを送ることが大切です。

丁寧なメールを心がけよう

では、どんな初メールが女性に興味を持ってもらえるのでしょうか?

まず大切なのは、初対面の女性に対しては、丁寧に礼儀正しく接すること。
社会人なら当たり前のことですよね。

それはリアルの出会いだけでなく、出会い系サイトの初メールでも同じです。

  1. 文章が丁寧
  2. 女性のプロフィールをきちんと読み、それに合った文面
  3. 返信しやすいよう質問を投げかける
  4. 顔文字・絵文字・記号をほどよく使う

上記4つのポイントを押さえたメールなら、女性も返信しやすく、自分に対して真剣に出会いたいと思っていると感じてくれます。

これらを踏まえた上で、例文を見てみましょう。

はじめまして。○○に住む○歳です。
○○さんのプロフィールを見て、もしかしてご近所さんかな?と思ってメールしました(^_^)
引っ越してきたばかりで友達が少ないので、毎日寂しく過ごしてます。笑

実は僕も映画を見るのが趣味なんです☆
最近見たオススメの映画はありますか?

全体的に丁寧語で、真面目そうなのが伝わり安心します。

きちんとプロフィールを読んでくれていること、まずはメールで話を膨らまそうとしてくれていることが好印象ですね。

普通過ぎてどうなの?と思うかもしれませんが、ファーストメールでは誠実さをアピールするのが重要。
女性が返信したくなるポイントをおさえ、丁寧なメールを心がけましょう。

こんなファーストメールはNG

出会い系サイトで、圧倒的に多いNGメールの例を見てみましょう。

はじめまして!よろしくね!

挨拶のみで、何がどうよろしくなのかわかりません。

何を送っていいかわからない男性にありがちなメールですね。
○○に住む○歳だよ~。よかったら今日会わない?

ファーストメールで会おうと誘われても、ほとんどの女性は警戒して返信しません。

よほど見た目に自信のある場合を除き、この手のメールは完全スルーですね。
こんにちは。○○に住んでいる○歳です。
食事友達を作りたくてサイトに登録しました。よかったら返信ください。

一見真面目そうな文面に見えますが、数撃てば当たると考える男性に多いコピペメールです。

誰にでも送れるコピペメールは「女性なら誰でもOK」という印象を与えてしまいます。

上記はNGメールの一例ですが、共通しているのは以下の通り。

  • コピペ感が強過ぎる
  • 女性から見て、話の広げようが無い
  • 女性のどこが気になってメールをくれたのかわからない

気になる女性一人ひとりに合わせて、イチからメールを作成するのは大変です。
しかし、まるっとコピペでは女性だって気づきます。

コピペメールなら、女性のプロフィールなどから情報を当てはめ、女性が返信しやすい内容に変えればOK。

女性からの返信率を上げる記事も、あわせて読んでくださいね。
→出会い系で返信率をアップさせるメール術

出会い系で短文メールは絶対NG

現在、連絡ツールとして主流になっているLINE。
ついやり取りが、短文になってしまいがちな人も多いです。

ですが短文のメールを1日10往復するより、長文のメールを1日5往復する方が新密度は増します。

やり取りに必要なお金も減り、一石二鳥ですよね。

出会い系では基本的に顔が見えない分、とにかく文章でアピールするしかありません。

女性への返信の例文

長文なんて何を送ればいいのかわからない!という男性の為に、メールの書き方の例文を紹介します。

女性から返信を貰ったら、まずはやり取りの継続に努めます。

やり取りの初期段階では、女性もまだまだ様子見中。
ファーストメール同様、なるべく長文で丁寧にやりとりを続けていきましょう。

例えば短文で返信が来た場合、こんなメールが有効です。

「最近家でよくDVDを見るんだ~何かおすすめある?」
「そうなんだね!最近見た中だと○○と○○が面白かったよ(^_^)
あと、シリーズものだと○○がおすすめ!今度続編も出るみたい☆
僕はアクションが好きだけど、○○さんはどんなジャンルの映画をよく見るの?

そういえば、今日○○へ行ったときに寄ったご飯屋さんが超美味しくてさ!
盛り付けもオシャレでインスタ映えする感じだったよー!」

女性の何気ないメールに対して、男性からは長文での返信。

女性が興味のある情報に加え、新たな話題も提供することで会話を促す内容です。

これなら自然と会話も続きますし、女性に「もう少し話してみたい」と思わせることができますね。

一見難しそうに見える文面ですが、上記の例文は以下の構成から作られています。

  1. 女性からの質問に答える
  2. 話題を掘り下げる質問を投げかける
  3. 女性が知らない話題を提供する

この3点だけでも長文メールは作れます。

基本的にメールでは2つの話題を作るようにすると会話も弾み、お互いの色々なことを知ることが出来ますよ。

女性に会いたいと思わせるコツ

携帯電話を持つ女性とコーヒーカップ

出会い系サイトでやり取りが続くようになったら、実際に会ってみたくなるのは必然。

ですが不用意に「会おう」と言うと、嫌がられる可能性があります。
最悪連絡が途切れてしまっては、今までの苦労が水の泡に。

女性にあなたと会いたいと思わせるための、すぐに実践できる「女性に会いたいと思わせるコツ」をお伝えします。

返信をあえて返さない時間を作る

例えば毎日電車で見かける人がいないと「あれ?今日はいないな」となりますよね。

毎日のようにやり取りを繰り返した上で、たまにはあえて返信しない時間を作ってみましょう。

すると女性は、「いつも返信があるのに今日はないな…」と寂しく感じます。

当たり前にやり取りしていた返信が途切れることで、より強くあなたへの関心が高まります。

タイミング次第では、LINE交換のキッカケになるかも知れません。

いつもは夜に返信があるのに、今夜はこないな…くらいがベスト。
やり過ぎると「放置」と思われかねないので、ほどほどがいいですね。

やり取りの回数を重ねる

メールが続き会話が盛り上がれば、実際に会ってみたくなるのは男女共に同じ。

出会い系のサイト内でのやり取りは、お互いを知るためのものですが、女性にとっては「自分に手間暇とお金を使ってくれるか」のバロメーターでもあります。

やり取りの回数を重ねることは遠回りではなく、出会うための近道です。

line通話機能を使う

相手に興味が湧いてくると、まずは「電話で話してみたい」と感じることがあります。

女性は男性より声への欲求が強いので、会ってみたいの前段階として「声が聞いてみたい」となります。

電話番号を知られることなく通話出来るLINEは、女性の「声を聞きたい欲求」が満たせる便利な連絡手段。

女性があなたに十分興味を持っていれば、「LINEやってる?」とさりげなく話題を作って尋ねるだけで教えてくれるはずです。

出会い系サイトからLINEへ移行するタイミングの目安は、まさに人それぞれ。
十分なやり取りが出来ていれば、会話の中にLINE交換のチャンスが必ず生まれますよ。

女性と実際に会うための誘い方

ハートを持つ手と青空

やり取りのメールが続き、会話も盛り上がると自然に会う流れになります。

そもそもお互いに出会いを探してサイトに参加している訳ですからね。

実際に会うための一番のポイントは、男性から誘うこと。

女性に「興味のある男性が自分に会いたいと言ってくれている」と思わせることが重要です。

誘い方の良い例と悪い例を見てみましょう。

悪い誘い方の例文

ところで今日って予定ある?よかったら会わない?

女性からアピールしてきた場合を除き、当日の約束は基本的にNGです。

待ち合わせの前には、色々と準備することもあるからです。
出来れば約束は、次の休日以降の方がいいですね。

待ち合わせまでの日を作ることで「あと○日で会えるね♪」といったやりとりが出来ます。

会う楽しみというボルテージも最大にしておけますよ。

いい誘い方の例文

ちなみに次の休みって予定ある?よかったらご飯でも行かない?
毎日メールしてたら会ってみたくなっちゃった。
サイトでの出会いって抵抗あると思うから、誘っておいてなんだけど断られる覚悟は出来てるよ!笑

会いたいとアピールしつつ、女性への気遣いも忘れずに。
食事いう気軽さも、女性にとっては誘いに乗りやすいですね。

いい誘い方をまとめると、ポイントは以下の3点。

  • 当日でないアポイント
  • あくまで低姿勢
  • 万が一女性が断っても罪悪感を持たせない文面

女性の気分を盛り上げながら気遣いも忘れず、気軽に来てもらう雰囲気を作るのが上手な誘い方です。

やり取りもそこそこにすぐに会おうとすると、女性は逃げてしまいます。
うまく誘ってチャンスを逃さないようにしましょう。

まとめ

  • 出会い系の初メールは丁寧に
  • 焦らずやり取りを続け、女性に会いたいと思わせる
  • 会う約束は男性から誘う

出会い系サイトでは、じっくり余裕のあるやり取りをする方が結果的に会いやすくなります。

女性へのメールを見直して、出会いのチャンスを逃さないモテる男になりましょう!

会ってみたいと思いつつ、女性は受け身な人が多いです。
男性がうまくリードしながら、誘い出してあげてくださいね。