更新日:

【やりとりが続かない男性必見】モテる男のLINEトークテクニック!

【やりとりが続かない男性必見】モテる男のLINEトークテクニック!

 

「ようやく、サイト内のやりとりからLINEに移行できた!」

そう喜んでたのも束の間…
「話が全然続かなくて、既読スルーでフェードアウト…」
 
せっかくのLINEでのやり取り。
会う前に終わってしまわないためにLINEトークで相手を虜にする方法を実体験を元にご紹介します。

LINEトークのNG例とオススメのやりとり例

LINEでは、既読スルーやブロック機能を使えば、相手との連絡は簡単に止められます。

やっとサイトからリアルの世界でやり取りできても、良い印象を与えられなければすぐに切られてしまいます。

これだけはNGというやり取りと、オススメのやり取りを紹介します。

NGなLINEのやり取り例

返事を返すのが遅い
相手の女性がLINEに移行した理由の一つは、あなたと頻繁に連絡をとりたいから。

それなのに、サイトと頻度が変わらない、むしろ返信が遅いと女性はLINEでのやり取りに魅力を感じなくなります。

性的なメッセージ
始めから下ネタや性的な内容は避けましょう。
相手に不快感と警戒心を与える可能性が高いです。
すぐに会おうと言う
すぐのお誘いは相手の女性に警戒されます。
女性は男性に比べて直接会う事のリスクに過敏です。

まずは、あなたと会っても大丈夫だと思ってもらえるように信頼関係を築きましょう。

オススメ出来るやり取り例

マメにやり取りする
最初は意識して、サイトでのやりとりの時以上にマメにしましょう。
サイトからLINEに移ってよかったと思ってもらえます。
紳士的なやり取りを心掛ける
最初は信頼感を得る為にも紳士的なやり取りをしましょう。
具体的には丁寧な口調のやり取りがよいです。

相手の女性が同世代や年下なら、少し砕けた口調でも大丈夫ですよ。

最初の時点で名前の呼び方を聞く
サイト上とLINEでの名前が違ったり、読み仮名が分からない事があると思います。

後になればなるほど聞きにくくなるので、最初の時点でお互いの呼び名を決めましょう。

最初の時点でやり取りが密にできる時間を聞く
LINEのやり取りをスムーズにする為にも、相手とゆっくりやり取りが出来る時間帯を把握しましょう。

こちらのスケジュールを伝えてから聞くのがスマートです。

  • 例:「平日の昼に仕事してるからLINEの返信が難しいかも…〇〇さんはどうかな?」

LINEが続きやすくなるやり取りの基本3つ

LINEが続きやすくなるやり取りの基本3つ

返事は早めに返す

LINEの良い所はすぐにやり取りが交わせるところです。
しかしその分、特にLINEに慣れている女性は「返事が早く返ってくるもの」という先入観があります。

既読がついていて返事が来ないと、悪印象を与えます。
もし、返事が遅れた場合には一言謝りや理由を入れましょう。
また既読スルーは絶対に避けて下さい。

【LINEテクニック】既読スルーの防ぎ方

ついついやりがちな既読スルーを防ぐ為に、私が気をつけている方法を紹介します。

① LINEを一度使用したら毎回トークの一覧画面もしくは起動前に戻す。
LINEを送信した画面のままにしておくと、通知が来てLINEを開くとすぐに既読になってしまうからです。
また、トーク一覧画面で少し内容も表示されますので、大体の内容が把握できます。

メッセージを見てもすぐに返信できる時間が無い人に、特にオススメのテクニックです。

② 既読をつけないように専用のアプリをインストールする。
既読回避ができる方法はいくつかあります。
機内モードにしたり、既読回避用のアプリをインストールするなどです。

疑問形を上手く使う

疑問形を使う事で相手から返事をもらえる可能性が高くなります。

ただし、あまりに疑問形ばかりだと相手から鬱陶しがられるのでご注意ください。
使い方の例です。

  • 悪い例:「〇〇ちゃんの好きな映画は何?」
  • 良い例:「この前CMで〇〇の映画予告見て面白そうだったんだけど、〇〇ちゃんはああいう映画好き?」

良い例のように、日常的な話題に疑問形をつけると自然です。

やり取り頻度は多い方がいいが、相手に合わせる

LINEは基本的にレスポンスが早いものだと認識を持つ女性が多いです。

やり取りする頻度が多い方が良いと思います。
ただし、相手の時間帯に合わせましょう。
 
最初にお互いのスケジュールを把握しておけば、LINEの既読がつかなくても不安がありません。

相手の女性が働いているなら、仕事終わりの時間を把握していれば「お疲れ様。」等メッセージもできます。

女性から「お疲れ様」と言われても嬉しいと思いますが、同じように現代の働く女性もこういった一言に癒される人も多いんですよ。

LINEスタンプや顔文字を乱用するのは控えよう

LINEスタンプや顔文字を乱用するのは控えよう

LINEの機能にスタンプがあります。

LINEスタンプや顔文字を利用するのはオススメですが、女性視点で言うとスタンプや顔文字の多用は男らしい印象が下がります。

特に中年男性のスタンプの乱用は、相手の女性に引かれる可能性もあります。
スタンプや顔文字を必要以上に使うのは避けてくださいね。

【LINEテクニック】スタンプの使い方

スタンプを使う場合は、相手の女性から届いた時だけ返すのがベスト。

相手の女性は自分に合わせてスタンプを返してくれたと認識し、嬉しく思います。
「面白いスタンプを見つけたよ」等の話題もいいですね。

女性は新しいモノ好きな人が多いので、相手の女性がよくスタンプを使うなら、話題に困った時に試してみるのがいいですよ。

女性とのやり取りでぜひ使って欲しいLINEの機能ランキング

機能豊富なLINEで、おすすめの機能を3つに絞ってランキング形式にしました。

  • 1位 写真(動画)
  • 2位 電話
  • 3位 アルバム

使いたいLINEの機能 1位
写真(動画)

LINE写真(動画)画面

写真(動画)はぜひ使って欲しい機能。
相手の女性もやり取りをしているうちにあなたの顔を見たいと思うかもしれません。

最初のうちから顔を見せてと言うのは警戒されるので止めましょう。
もし相手から写真を求められた場合は、交換する形で提案してみてください。

写真や動画は別の使い方もできます。
例えば今日見た面白い光景、綺麗な景色などをお互いに共有する事で話題提示にもなるんです。

私が出会い系サイトからLINEに移行した際に体験した例をご紹介しますね!

私の良かった体験談
私が出会い系サイトからLINEに移って数ヶ月しても、相手の男性から顔写真を求められる事はありませんでした。
顔ではなく私自身を気に入ってくれたのだと嬉しく感じましたね。

その男性とは他の人よりも安心できて、長くやり取りを続けられました。
当時連絡を取っていた男性の中で、自分から積極的に連絡を取るようになったのはその人だけです。

私の悪かった体験談
出会い系サイトからLINEに移りましたがすぐに顔写真を求められ、後日、性的な写真まで求められました。
不快に感じ、すぐにブロックしました。

悪かった体験談のような下心丸出しの男性は結構多いです。
少しでも下心を出してくるような相手だとエッチ目的だと思い、すぐに相手をブロックします。

反対に、紳士的に接してくる男性は貴重なのですごく好感がもてます。
例え下心があっても、最初会うまでは、そういった部分を出さないのがモテるコツですよ!

使いたいLINEの機能 2位
電話

LINE電話画面

苦手な女性も多いので無理強いはしないようにしましょう。
しつこいとブロックされる可能性が高くなります。

仲良くなってからも電話は無理と言われた場合は諦めましょう。

使いたいLINEの機能 3位
アルバム

LINEアルバム画面

アルバムは相手と画像を共有するものです。

個人的なオススメになりますが、1位で紹介した様な画像のやり取りは良い話題にもなります。

また、2人だけのアルバムという響きも女性には嬉しい物です。
あの時の写真はと調べるのも簡単ですし、ぜひ有効活用してみてください。

LINEで女性がだす脈ありサインはこの4つ

LINEで女性がだす脈ありサインはこの4つ

やりとり中が続くようになったら、相手が自分に興味を持っているかどうか、気になってきますよね!

相手の女性から下記のようなサインが出ていれば脈ありの可能性大です。

脈ありサイン その1
ハートの絵文字がつく

同性相手にハートを乱用する事はよくありますが、異性につける事はあまりないです。

もしついているならば、少なくとも好意を持たれていると思っていいでしょう。

脈ありサイン その2
レスポンスが早い

相手の女性によってはLINEのやり取りに慣れていて、ただ早い場合もあります。

ただし、好意のない相手に対してはメッセージを読むのも億劫になり、通知がきていても既読せずに放置する場合があります。
つまりすぐ返事がある時点で、少なくとも良い印象を持たれていると考えてよいでしょう。

脈ありサイン その3
頻繁にやり取りをしている

LINEのやり取りは基本的にメールに比べて短文で、その代わりに回数が多いものです。
その為話題が尽きる事も多いと思います。

実際に、私は仲が良い人意外とはLINEのやり取りは続きません。
つまり、頻繁にやり取りが続いているという事は、あなたにすでに夢中という可能性が高いです。

脈ありサイン その4
質問が多い

相手の女性から質問が多いと言うことは、相手もあなたの事に興味があり話を続けようと思っているという事です。

質問から行ってみたい場所などの話題に広げ、自然と実際の出会いに繋げることもできますよ。

LINEからデートへ誘う実例を紹介

LINEで相手を夢中にしたら、いよいよデートへ誘ってみましょう。

デートへのお誘いは相手の女性に直接会う事を戸惑わせない様にするのがポイントです。
今までの私の経験からお勧めするデートへのお誘いテクニックをご紹介します。

話題の延長でデートに誘うのがポイント

直球よりは話題の延長で誘うのがスマートです。
話題の時点で相手が興味を持ってくれているか反応を見ましょう。
続く話題ならOKです。

もしくは、相手の興味があるものに合わせてデートを決めても良いと思います。

サラッとデートに誘えるLINEメッセージ例

  • 「〇〇ちゃんホットケーキにハマってるて言ってたよね?
    この前新しいお店見つけたんだけど男一人で行くのは恥ずかしいし…
    一緒に行ってくれないかな?」

相手の興味があるものに、相手が気負わないような誘い方をするのがポイントです。

直球でデートに誘うと警戒や、デートをする事への返事に迷ってしまう可能性が出てきます。
「これはデート」だと明確にしない方が、相手の女性もOKを出しやすいのです。

デートが終わった日にはフォローも忘れずに

デートが終わった日にLINEのやり取りをする事はとても重要です。
相手に今日楽しかった事を伝えましょう。
その日に撮った写真を送るのも良いと思います。

思い出の共有は、特別感を相手の女性とあなたに感じさせます。
デートがお互いに「楽しかった」と感じられれば、次のデートに繋げる事も出来ますよね!

初デートにはしっかり備えておきましょう。
→初対面で好印象な服装や会話テクニックを女性視点で解説!

まとめ

LINEはメールや出会い系サイトのやりとりよりも、写真や通話など多様な機能も備わっていて、手軽に早くやり取りができます。

LINE機能を有効活用して、恋愛関係に発展させましょう!
→「いい人」止まりの関係から脱却!異性と恋愛関係に発展させる3つの方法

コメントを書く

コメント欄は必須です。