ワクワクメールの年齢確認方法。危険性や手順を解説

ワクワクメールの年齢確認方法。危険性や手順を解説。

ワクワクメールに登録すると、年齢確認が求められます。
でも出会い系サイトの年齢確認って、なんか怪しいし面倒。

「悪用されたり、サイトを使ってることが身内にバレるんじゃないの?」

こう思ってしまうのも、無理はありませんよね。

ですが実際にはワクワクメールの年齢認証は安全です!
個人情報の悪用は絶対にないですし、情報を流出させたこともありません。

年齢認証が必須の出会い系サイトは、優良サイトの証拠でもあるんですよ。
今回はワクワクメールで年齢確認が必要な理由、また安全性が高いと言える根拠を紹介します。

ワクメの個人情報管理は、いくつもある出会い系の中でもトップクラスです!

ワクワクメールで年齢確認が必須な理由

ワクワクメールに限らず、出会い系サイトでは18歳以上の年齢確認はサイト利用に必須です。

そうは言っても、個人情報を提供するのは不安ですよね。

なぜ年齢確認をしなければならないのか、解説します。

法律で定められている

実は出会い系サイトにおいて、年齢確認をすることは法律で義務づけられているんです。

出会い系サイト規制法(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)

  1. この法律は、出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資することを目的としています。
  2. 出会い系サイトを運営する方は、届出、利用者が児童でないことの確認、禁止誘引行為に係る書き込みの削除等の義務があります。
  3. この法律における「児童」とは、18才未満の少年少女のことです。

引用:警視庁 「出会い系サイト規制法」について

つまりワクワクメールは、きちんと法律に乗っ取って運営しているということ。

ワクワクメールだけじゃなく、Jメールやイククル・PCMAXなど大手出会い系は全て法律を守っています。

一部年齢確認不要で使える出会い系サイトやアプリもありますが、完全な違法サイト。
そのようなサイトはほとんど素人女性がおらず、業者ばかりで会えません。

「年齢確認が必要な出会い系サイト=安心して使えるサイト」ということなんです。

犯罪をふせぐため

もし年齢確認をしないと、18歳未満が出会い系に溢れてしまいます。

思春期の子どもは、性に対して好奇心旺盛。
言われるがままにホテルに行き、トラブルに発展することも…。

中には、最初から援交目的の子もいます。
そんな性犯罪から子どもを守るためにも、年齢確認は絶対に必要です。

もちろん18歳未満と関係を持って、大人が逮捕されるのを防ぐことにもなります。
未成年と関係を持ってバレたら「知らなかった」では済みませんから。

参考:16歳少女に淫行疑い 滋賀の大学職員逮捕

会ってみて18歳未満かも?おかしいなと感じたら、ちゃんと年齢を確認しましょう。

年齢確認しないで使う方法は?

ワクワクメールは、年齢が確認できない会員は出会えないようにしています。

年齢確認しなければ、女性にメールが送れないようになっているんです。
(定型文は送れますが、出会いには繋がりません)

ただし年齢確認しなくても、プロフィールは閲覧できます。
どんな女の子がいるか見たいだけなら、年齢確認しなくてもOKです。

まずは登録だけしてみて、プロフが良さそうな子がいたら、年齢確認してメッセージを送ってみると良いですね。

ワクワクメールで年齢確認が求められるのは、法律に乗っ取って正しくサイトを運営している証拠。
年齢確認がないサイトは、出会えないサイトですよ!

ワクワクメールの年齢確認は安全性が高い

どんなに年齢確認が必要と言われても、証明書を提出したり、クレジット決済をするのは不安が残るかもしれません。

ですがワクワクメールの年齢確認は、安全性が高いので心配は不要です。
安全性が高い理由を解説します。

個人情報の悪用は今まで1度もない

まず、ワクワクメールが個人情報を流出させたことは、今までに1度もありません。

ベネッセやNHKなど、大企業が個人情報を流出させる話はよく聞きますよね。

ですがワクワクメールは、1度の流出もなし。
個人情報をしっかり管理している証拠です。

さらにワクワクメールは、JAPHIC(ジャフィック)マークを取得しています。

ワクメのJAPHIC(ジャフィック)マーク

JAPHICマークは、法律に基づき個人情報管理を適切に管理している事業所だけが認定を受けられるものです。

参考:JAPHICマークについて

JAPHICマークの認定は、費用や手間がかかるもの。
それをわざわざ取得しているワクワクメールは、個人情報の取り扱いにかなり配慮している証拠になります。

氏名や住所は提出不要

証明書の提出が必要と言っても、出さなきゃならないのはごく一部。
名前や住所・顔写真は隠してOKです。

例えば免許証なら、こんな感じ。

免許証の例
免許証の例

生年月日と年齢しか写ってなければ、悪用のしようがないですよね。

免許証の他にも健康保険証や年金手帳・パスポートや定期券などでも年齢確認可能。
そちらも生年月日・年齢以外は隠してOKですよ。

クレジット決済はオススメしない

年齢確認は、クレジット決済でもできます。

ただワクワクメールのクレジット決済は、決済代行会社が不明です。
(数年前までは有名決済代行会社を使っていましたが、変更されました)

ポイント購入時はPayPalや電子マネー決済でクレジットカードを利用できます。
ですが、年齢確認時はワクワクメールで直接決済する必要があります。

個人的にはクレジット決済は、オススメできません。
証明書での年齢確認の方が安心です。

ワクワクメールでのクレジットカード決済については、ワクワクメールでクレジット決済するならでも詳しく解説しています。

年齢確認に必要な書類は、個人情報がわからない形で提出できます。
私自身も年齢確認でトラブルが起きたことはないので、安心して良いですよ。

ワクワクメールの年齢確認手順

実際に、ワクワクメールで年齢確認をする手順を紹介します。

長くても1時間、クレジットカードを使えば即時承認です。

身分証明書を送る方法

身分証明書を送るための手順は、以下の通りです。

マイページの年齢確認バナー
  1. マイページの年齢確認バナーから進む
  2. サイト上から証明書の写真を撮る
  3. 確認書類を送信する

利用可能な証明書は以下です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 定期券(Suica・PASMO・ICOCAなど)

写っている必要があるのは「年齢か生年月日」「書面の名称(運転免許証など)」「書面の発行者名(公安委員会など)」の3つ。

免許証の例
免許証の例

証明書ごとに写す箇所が違うので、サイト上の案内をよく見てくださいね。

クレジットカードを使う方法

クレジットカードを使う際の手順は、以下の通りです。

マイページの年齢確認バナー
  1. マイページの年齢確認バナーから進む
  2. クレジットカードで100円分のポイントを購入する

利用可能なブランドは以下です。

  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • AMEX
  • DINERS

クレジットカードの方が承認は早く手軽ですが、100円かかります。
100円はそのまま、利用可能なポイントとして追加されますよ。

証明書の提出でもクレジット決済でも、それほど時間はかかりません。
とりあえず無課金で使いたい方は証明書、すぐに使いたい方はクレジットですね。

まとめ

  • ワクワクメールの年齢確認は法律に則った確認
  • 個人情報の悪用や流出は絶対ないので安心
  • 年齢確認しないと出会えないので早めにしておこう

ワクワクメールで年齢確認が求められるのは、18歳未満の青少年を守るためです。

それが結果的に18歳未満の子どもとウッカリ関係を持って、社会的立場を失う大人を出さないことにも繋がります。

ワクワクメールは個人情報やクレジット情報の保護を徹底しています、
情報悪用や流出の心配はありません。

さっそくワクワクメールで年齢確認を済ませて、女性とのやり取りを楽しみましょう。

安心して年齢確認を済ませて、出会いを見つけてくださいね。
年齢確認をすれば、無料ポイントも貰えますよ。